30代向けの基礎化粧品で若返る|肌に潤いを注入

ウーマン

30歳からのスキンケア

顔の手入れ

30代の女性は、基礎化粧品を使って念入りにスキンケアを行うことが大切になる。スキンケアを行うことによって、20代の頃のような潤いのある肌を目指せる。最近の基礎化粧品はオールインワン化粧品が増えてきており、手間をかけずにスキンケアをすることができる。

もっと詳しく

気をつける事

美容グッズ

年齢を重ねると、どうしても肌も老化していきます。しかし、普段のケアを注意することとで、綺麗な肌を維持をすることができます。まずは、普段の基礎化粧品を30代や40代など年代に合ったものを使ってみると効果が違ってきます。

もっと詳しく

肌トラブルの改善と予防

婦人

今も将来も改善しよう

女性の社会進出が進むにつれ、肌トラブルに悩む方が増えています。ストレスは肌を乾燥させる原因となり、乾燥は多くの肌トラブルを招いてしまいます。また、40代50代になった時に、今の肌状態により大きな差が生まれることになります。働き盛りの30代は保湿効果の高い基礎化粧品を使うことで、現在の肌トラブルも今後の肌の状態も同時に改善することができます。30代だからこそ選びたい基礎化粧品は、保湿効果の高い成分が含まれているものです。保湿効果の高い成分は主に3つあり、全てを兼ね備えた基礎化粧品も多くあります。肌の乾燥を感じる方は、3つの成分で肌に潤いを与えるようにしましょう。その3つの成分とは、セラミド、コラーゲン、ビタミンC誘導体です。

3つの保湿成分

30代の方が基礎化粧品を選ぶ際には、セラミドが含まれているかを最も重視することが重要です。角質層に存在するセラミドは、肌の潤いに必要不可欠な成分です。どんなに湿度が低くても、セラミドが十分に角質層にあると肌は乾燥しないと言われています。セラミドは女性ホルモンに影響を受けやすいため、ストレスに弱い性質があります。セラミドが含まれた基礎化粧品を使用し、乾燥しない肌にしてあげましょう。また、コラーゲンも肌の潤いに必要不可欠な成分です。コラーゲンが不足するとシワになりやすく、高齢者の多くがコラーゲン不足と言われています。40代50代になってもハリのある肌にするためには、30代の頃からコラーゲンを肌に与えることが重要です。そのコラーゲンの生成力を高めるのが、ビタミンC誘導体です。コラーゲンの生成には、ビタミンCが欠かせません。また、ビタミンCはセラミドの生成もサポートしてくれるため、ビタミンC誘導体を補うことでコラーゲンもセラミドも多く含んだ肌にすることができます。

ネットでの注文

美容液

30代になるといろいろな点で、衰えを感じることがあるかもしれません。そして、基礎化粧品だけではなく、美容液などを足しておく事も必要になっていきます。そして毎日、肌に合った、また、年齢に合ったお手入れをすることで、老後はきれいな肌を保ことができます。

もっと詳しく